「電気通信2018年2月号」掲載記事


総頁数:52頁
発行者:一般社団法人 電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
一般記事
技術動向
NTT東日本におけるアクセス系R&Dの取り組み

メンテナンスの品質向上も併せて実現するスマートメンテナンスの推進について,電柱点検,地下光ケーブルの一元管理など事例を交えて紹介します。
海老根 崇・
浅見 聡司・
桑原 洋昌・
前田  悠・
松前 貴洋

技術動向
NTTドコモの“コネクテッドカービジネス”の取り組み

車がインターネットにつながる「コネクテッドカー」から新しい価値が生まれ,ビジネスやライフスタイルが展開されていく今後の動向について考察します。
谷  直樹

講演抄録
NTT西日本グループ「飛躍のステージへ」に向けた取組み
〜社会の課題解決に貢献する企業をめざして〜

ICTを活用し,社会の課題解決に貢献する企業をめざすNTT西日本グループと関西カンパニーとしての取組みを紹介します。
岸本 照之

講演抄録
インターネットの将来,そして次に来るもの

1994年に商用化されたインターネットは,今や不可欠な社会インフラとなっています。本稿では,インターネットが日本に普及した時代背景とその将来について考察します。
藤原  洋
世界の通信モード
NTTデータ北米事業の変遷

1992年から複数グループ会社の統合によって事業規模を拡大し,さらなる価値を提供できるよう取り組んでいるNTTデータの北米事業の変遷について述べます。
宮島 耕治
●図書のお知らせ ●協会だより


電気通信協会 戻る