「電気通信2016年9月号」掲載記事


総頁数:52頁
発行者:一般社団法人 電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
政策動向 総務省 情報流通行政局における政策動向について
IoT/ビッグデータ時代に向けたICT利活用の推進

総務省情報流通行政局の「情報島」では,ICTの利活用の推進に取り組んでいます。本稿では,IoT/ビッグデータ利用に向けた諸外国や日本の動向,各分野におけるICT利活用の取組みについて紹介します。
折笠 史典

放送政策の展望と課題

総務省情報流通行政局地上放送課は,地上波のテレビ・ラジオの規律等を担当しています。本稿では,総務省における放送サービスの高度化に向けた取組み,放送の諸課題に対する検討状況等を紹介します。
藤井 信英
一般記事
通信ネットワークビジョンNetroSphere構想の実現に向けた取組み

NTTは,いままで以上に多様なサービスを迅速かつ高信頼,低コストに提供していくことを目指して新たなコンセプト「NetroSphere構想」を策定し,研究開発を続けています。本稿では,NetroSphere構想の概要および本構想の実現に向けた取組みについて紹介します。
山田 崇史

IoT Platform の開発と今後の展望

NTTコミュニケーションズはIoTソリューションの提供を推進するため,2015年8月に「IoT推進室」を新設しました。本稿ではまず,NTTコミュニケーションズが提供するIoT Platformのコンセプトおよび現在提供しているIoT Platform Factoryパッケージの特長,そして,サービス提供にいたるまでの新たなサービス開発アプローチと今後に向けたIoT技術検証について紹介します。
岡  敦子

講演抄録
ケータイ業界の構造改革の行方

2016年5月に改正電気通信事業法が施行され,固定・移動通信市場における競争ルールや消費者保護ルールが大きく変わりました。本稿では,それに伴うケータイ業界の構造改革の進展状況を述べるとともに,今後の進むべき方向性について考察します。
北  俊一

世界の通信モード
国際社会に復帰したミャンマーでの電力供給支援活動
―政府と少数民族との紛争被害者へのソーラー発電による支援―

BHNテレコム支援協議会は,現代社会にあっては情報通信も人間が人間らしく生きるための重要な生活基盤要素(Basic Human Needs)と考え,主としてアジア各地の途上国での支援活動を行っている特定非営利活動法人です。本稿では,2016年3月に新政府が発足したミャンマーの国内状況,ミャンマーにおける電力供給の課題について紹介します。
相澤 紘史

協会だより/インフォメーション/NTT技術誌のお知らせ


電気通信協会 戻る