「電気通信2014年5月号」掲載記事


総頁数:58頁
発行者:一般社団法人 電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
一般記事
「スマートひかりタウン熊本」プロジェクトの取組みについて

NTT西日本は,光サービスを活用した安全・安心で便利な生活の実現に向け,自治体・企業と協力してスマートな街づくり(スマートタウン)を推進しています。本稿では,自治体と連携して取り組んだNTT西日本として初の街づくりの取組みである「スマートひかりタウン熊本」プロジェクトを紹介します。
渡立 清隆・上村幸太郎・
桂  一詞

講演抄録
ICTの進展状況とその社会発展への役割

iモードの登場から十数年間に起こったIT革命は,ビジネスの仕組みや個人の情報の利活用に大きな変化をもたらしました。本稿では,こうした変化を踏まえ,今後企業や社会が発展していくための課題を考察します。
夏野  剛

広域災害時の通信確保に向けた対策

南海トラフ巨大地震は東日本大震災以上の被害が想定されており,通信環境の確保が困難な孤立地域が多数発生することが予測されています。本稿では,広域災害時に早期に通信を確保するための対策について,平成25年度フォーラム活動成果報告会の発表内容をとりまとめて紹介します。
井藤 真典・河野瀬智仁・
河村 康宏・進士 準一・
高木  肇・滝口 寛士・
南平 祥吾

サイバーテロやネット犯罪の現状と課題および動向

インターネットやサイバー空間が発展する一方で,組織の情報資産やサービス運営への脅威となるサイバー攻撃が増加しています。本稿では,サイバー攻撃の現状と今後組織が取り組むべき課題について,平成25年度フォーラム活動成果報告会の発表内容をとりまとめて紹介します。
大城戸達也・大島 弘之・
尾ア  晃・樺澤 敏文・
計良 一幸・西丸  勲・
平岡 良将・松島 祐一・
峯尾 英樹・安武伸一郎

世界の通信モード
コミュニティラジオを活用した住民の防災能力強化に向けた取組み
―バングラデシュ ハティア島の例―


バングラデシュの湾岸地域は自然災害が多く,防災能力の向上が大きな課題となっています。本稿では,BHNテレコム支援協議会が実施している「コミュニティラジオ」を活用した地域住民の防災意識能力強化に向けたプロジェクトの概要を紹介します。
小峠 忠義
協会だより/NTT技術誌のお知らせ


電気通信協会 戻る