「電気通信2014年3月号」掲載記事


総頁数:44頁
発行者:一般社団法人 電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
政策動向
電気通信事業分野の政策動向

総務省における2020年代に向けた競争政策の見直し,電気通信事故防止や利用者情報の適正な取扱い,適正なサービス提供の実現に向けた取組など,電気通信サービスの安心・安全な利用環境整備に向けた取組等について紹介します。
安藤 友裕
一般記事
NTT ファシリティーズのジャンプアップ戦略

NTT ファシリティーズでは,NTT グループへの貢献と一般市場のさらなる拡大により継続的な増収増益を目指す「ジャンプアップ戦略」を掲げています。本稿では,その概要を紹介します。
筒井 清志

ウェアラブル電極技術とその応用

高齢化の進展に伴い,重篤な疾病予防のために心拍や心電図のモニタリングを通じて健康状態を把握することが有効とされています。本稿では,NTT が開発した柔軟で伸縮性・通気性に優れた電極素材の概要とその応用事例を紹介します。
山口  聡

講演抄録
EV,HVは社会インフラを変えられるか?

電気自動車やハイブリッドカーは,ICT 化によりエネルギー分野だけでなく様々な社会インフラに変革をもたらすと考えています。本稿では,トヨタIT 開発センターで検討を進めている車の新社会インフラへの活用事例を紹介します。
井上 友二

世界の通信モード
ミャンマーの通信事情

ミャンマーはASEAN 諸国の中でも通信インフラの整備が大幅に遅れており,サービスの普及率も低くなっています。本稿では,その理由と今後ミャンマーの通信サービスが発展していくための課題について考察します。
竹井  誠
協会だより/インフォメーション/NTT技術誌のお知らせ


電気通信協会 戻る