「電気通信2013年1月号」掲載記事


総頁数:60頁
発行者:一般社団法人 電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
一般記事
講演抄録
スマートグリッドが切り拓く新生スマートニッポン
スマートグリッドは,電力網とインターネットを用いて電力を最適に制御する技術で,多様な新規事業の 創設が期待されています。本稿では,スマートグリッドの日本での展開と今後の可能性について述べます。
村上 憲郎

ドコモクラウドの取組みについて
"ドコモクラウド"とはNTTドコモが提供するクラウドサービスの総称で,スマートフォンをはじめとする モバイル領域でのサービス基盤として活用されています。本稿では,クラウド化による利点と,同クラウドを使用した代表的 なサービスを紹介します。
大野 友義

分散オブジェクトストレージ技術の最新動向
〜クラウド時代の新しいデータ管理基盤技術の登場

クラウド時代の新たなデータ管理基盤技術として,ソフトウェアを用いて安価で信頼性の高いシステム構成を 実現する,「分散オブジェクトストレージ技術」が注目されています。本稿では,その概要を中心に紹介します。
花舘 蔵之

非ICT領域へのセンサーネットワークのチャレンジ
富士通グループは,農業や畜産などの現場において,ICT導入による離農防止や新規就農者増による地域活性化を 目指した活動を行っています。本稿では,その一つの活動としてセンサーネットワーク技術を用いたソリューションの事例を中心に 紹介します。
村西  明・杉山  準・
澤根 慎児・高木 淳一・
西土井 健・小葉松知行・横尾  郁

世界の通信モード
米国通信事情と富士通の取組み
富士通では,30年以上にわたり,米国で光伝送システム事業を展開してきました。本稿では,これまでの富士通 の取組みを振り返りながら,米国の特徴と通信事情について紹介します。
片倉 純一
協会だより/NTT技術誌のお知らせ