「電気通信2012年4月号」掲載記事


総頁数:54頁
発行者:一般社団法人 電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
一般記事
NTTが進めるスマートホームの現状と今後の展開
NTTグループが目指す家庭向けサービスの将来像となる「スマートホーム」の展開に向けて,これまでのホームICTの取組み,並びにそのサービス基盤となるNTT東日本・西日本の「フレッツ・ジョイント」サービスとホームゲートウェイ(HGW)を中心とした展開について紹介します。
原田 素子・宮本  勝・中平 伸治・宮武  隆

NTTのディメンションデータ買収とクラウドサービスへの対応
2010年にNTTの傘下となった,南アフリカのディメンションデータ社の概要と,国際的なクラウド化の流れに対応した,NTTグループのサービス展開の状況を紹介します。
山口 徹朗

講演抄録
電気自動車の時代
〜時代背景と産業へのインパクト〜

地球環境問題への対策として,CO2排出量の少ない電気自動車が注目されています。本稿では,電気自動車の仕組みと技術課題,産業への影響,および今後の展望を紹介します。
廣田 幸嗣

震災後1年目の全通協テクノフェアを開催して
光関連などの通信機器材を製造する中小企業で構成される全通協では,製品の紹介と開発・改善に関する意見交換の場として,毎年テクノフェアを開催しています。本稿では,2月に東京で開催したテクノフェアの模様について紹介します。
池田 正博

世界の通信モード
通信ケーブル事業の海外展開
〜株式会社フジクラの取組み〜

光ファイバの世界的な需要増を背景とした,株式会社フジクラの成長戦略と通信ケーブル事業の海外展開の状況を紹介します。
佐藤 公紀
協会だより/テレフイラテリー/インフォメーション/NTT技術誌のお知らせ