「電気通信2011年5月号」掲載記事


総頁数:62頁
発行者:(社)電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
一般記事
地域コミュニティの再生に向けたデジタルサイネージ活用と標準化
デジタルサイネージには,生活に必要な地域の情報や緊急情報をリアルタイムに提供する,なくてはならない社会インフラとしての役割が期待されます。本稿では,自治体,企業,生活者等のデジタルサイネージ利活用を促進するための,NTTの取組みを紹介します。
伊能美和子

IMT-Advancedに向けたMIMO技術の取組み
モバイル通信におけるデータトラヒック増加に対応するためのキー技術として,MIMO(Multiple Input Multiple Output)が注目されています。本稿では,KDDI研究所における,MIMO技術の実用化に向けた取組みを紹介します。
武内 良男・岸  洋司・石川 博康

ケーブルテレビ伝送技術の紹介
ビル影や山間部など,地上デジタル放送の難視地域の問題を解決するため,ケーブルテレビのネットワークが注目されています。本稿では,古河電気工業株式会社グループの,ミハル通信株式会社における,ケーブルテレビ伝送技術の概要を紹介します。
三輪 景一

スマートグリッドの動向とビジネスモデル
電力網の最適化により,低炭素型の社会を実現する仕組みとして,スマートグリッドが注目されています。本稿では,国内外のスマートグリッドの動向と,今後のビジネス展開の方向性について,平成22年度フォーラム活動成果報告会の発表内容をとりまとめて紹介します。
浅野 浩司・野ア 拓麻・岡田 圭輔・岡光  豪・太田 雅夫・岡部 和幸・ 音喜多聖也・杉原  浩・高瀬  仁・武田 典久・土田 直樹・松尾 友和

世界の通信モード
日・タイ電気通信協会ジョイントセミナー2011に参加して
〜スマート・タイランドのブロードバンド政策〜

20周年を迎えた日本とタイの両電気通信協会による合同セミナーの模様を紹介します。今年のテーマは「より良い生活のためのブロードバンド・サービス」でタイ政府から「スマート・タイランドのブロードバンド政策」が披露されました。
伊東 悠治・加藤  隆

私とICT
ICTの波に翻弄された人生
著者が携わったICTに関するテーマを紹介するとともに,当時の状況を振り返っての感想や思いを述べます。
島崎 恭一
協会だより/テレフイラテリー/NTT技術誌のお知らせ