「電気通信2010年9月号」掲載記事


発行日:2010年9月1日
総頁数:66頁
発行者:(社)電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
政策動向
平成22年版情報通信白書の概要
総務省では,「ICTの利活用による持続的な成長の実現〜コミュニケーションの権利を保障する「国民本位」のICT利活用社会の構築〜」 を特集テーマとして取り上げた平成22年版情報通信白書を公表しました。その概要を紹介します。
総務省
情報通信国際戦略局
情報通信政策課
情報通信経済室

通商白書2010〜国を開き,アジアとともに成長する日本〜
世界経済危機後の世界経済の現状と課題を分析し,今後発展が期待されるアジア経済の動向, およびアジアとともに成長していくための日本の取組を述べます。
経済産業省
通商政策局
企画調査室
一般記事
講演抄録
国際海底ケーブルの発展と今後の展開
明治初期に日本に初めて敷設された国際海底ケーブルは,メタルの時代を経て, 現在では光ファイバ高密度波長多重の時代に入っています。本稿では,国際海底ケーブルの発展と 今後の展開についてKDDIの取組みを中心に紹介します。
安田  豊

NTTデータのクラウドサービス"BizXaaS(ビズエクサース)"
クラウドコンピューティングの導入により,業務効率化やコスト削減の効果が期待されますが, セキュリティやカスタマイズ,既存システムとの連携などが課題となっています。本稿では,これらの課題を解決 するため,NTTデータで開始した総合クラウドサービス「BizXaaS(ビズエクサース)」の概要を紹介します。
西沢 孝史 

インターネット世界への脅威 現状と対策
インターネット上のデータ量の増加や,クラウド化によるデータの利用形態の多様化に伴い, ウイルスや情報漏えいなどのリスクも増大しています。本稿では,シマンテックにおけるウイルス対策やIT資産 を安全に保護するための取組みを紹介します。
石崎健一郎・松木 誠志

世界の通信モード
地獄の沙汰も,情報次第
―海外でのトラブルを情報の収集と分析で乗り切る―
 
皆さんは,海外での滞在や出張等で,予期できない状況に遭遇した経験はおあり でしょうか? 本稿では,筆者の海外での体験を基に,海外で思わぬトラブルに陥りやすい原因と,それ を乗り切るための方法について考察します。
竹井  誠
協会だより/テレフイラテリー/インフォメーション/NTT技術誌のお知らせ