「電気通信2010年8月号」掲載記事


発行日:2010年8月1日
総頁数:64頁
発行者:(社)電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
一般記事
緊急地震速報の現状について
平成19年10月1日より,緊急地震速報の一般への提供が開始されていますが, 「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震」が発生し,今後も「東海地震」など,災害を もたらす地震の可能性が指摘されています。本稿では,緊急地震速報の活用事例と進化の状況を 中心に紹介します。
内藤 宏人

講演抄録
産業界で求められるICT人材と育成の課題
IT技術の進化に伴い,社会におけるITの位置づけや役割にも変化が生じています。 本稿では,これらの変化の概要と,これから産業界に必要とされるICT人材について考察します。
重木 昭信 

ユビキタスなICT環境を提供する"BizCITY"への取組み
「クラウド」サービスが本格的に展開し,安全で品質の高いサービスが期待されています。 本稿では,NTTコミュニケーションズが提供している,安心で便利にICT環境が利用可能な,"BizCITY"サービス の概要を紹介します。
館  隆志

「非機能要求グレード検討会」の取組み
2008年4月から2年間にわたり,情報システムの性能や品質など,非機能要求を発注者と 開発者との間で共通に認識できるようにするための,「非機能要求グレード検討会」の活動が行われました。 本稿ではその取組みについて紹介します。
西川  治

講演抄録
NGN/IMS向けサーバとミドルウェアの展開
交換技術の変遷やVoIPの歴史,NECにおけるサーバのソフトウェア開発やサービス創出活動の 状況について,電気通信協会第10回ICT事業奨励特別賞の受賞記念講演内容をとりまとめて紹介します。
三栖 利之 

世界の通信モード
東マレーシア辺境地域のデジタルデバイド改善に向けた
献身的ICT普及活動
―e-Bario計画の研究・現地調査体験から―
 
著者が政府支援の下に早稲田大学イスラム科学研究所と進めてきた,イスラム社会と ITに関する共同研究におけるBarioの現地調査体験を基に,現地の国情およびICT普及活動の状況を紹介します。
高橋 謙三
協会だより/テレフイラテリー/NTT技術誌のお知らせ