「電気通信」2007年3月号掲載記事


発行日:2007年3月1日
総頁数:58頁
発行者:(社)電気通信協会
本体価格:750円
購入ボタン
一般記事
光化への道のり
アクセス網光化に向けた取り組みの始まり  黎明期
現在の FTTH(Fiber To The Home)の普及の背景には, アクセス網光化実現に向けた技術開発の歴史があります。 ここでは, その黎明期に当たる時代に焦点を当て, NTT の技術開発の取り組みを紹介します。

山内 修・灰原 正
世界の通信モード
世界の3Gおよび 3.5Gサービスの展開と周波数政策
HSDPA や CDMA 2000 1x Rev.A といった 3.5G技術を利用した携帯電話による高速データ通信サービスの提供が各国で開始されています。 世界の携帯電話事業者の3Gおよび 3.5G技術の導入の現状,さらに欧州諸国の新たな周波数政策の現状を概説します。

中村 邦明
講演抄録
世界ブロードバンド市場の競争促進に向けた取り組み
国内ブロードバンド市場の進展に伴い,競争環境に様々な変化が起こってきました。その状況を踏まえ,2006 年9月に作成した「新競争促進プログラム 2010」や「ネットワーク技術の進展に向けた取組」 など, 2010 年度へ向けた ICT にかかわる政策についてご紹介します。

桜井 俊
海外だより  シンガポール編
経済成長の著しいアジアで, 特にチャイナプラスワンとして注目され, 外国投資が拡大している東南アジアおける通信サービスの現状や, 巨大市場に囲まれた新しくて小さな国, シンガポールの ICT (情報通信技術) の役割を紹介します。

三上 哲郎
2.0 時代の Web 環境を考える ―ウェブ環境は第2世代へ―
インターネットの地球規模での急拡大が進む中, 歴史的な視点を当てることで Web環境の進化の道筋を探ろうとするテイム・オライリー氏が提唱する “Web 2.0” の概念を,情報マーケットの変化,ポータル機能の拡大,実用的なテクノロジーをご紹介しながら考えます。

足達 曠史
インフォメーション
精密工学会主催 第 321 回講習会
「CAE と振動工学―振動の基礎から応用まで」

協会だより
・業務部NEWS

・産業部会NEWS    


トレンド/NTT技術誌のお知らせ/テレフイラテリ−