「電気通信」2006年3月号掲載記事


発行日:2006年3月1日
総頁数:56頁
発行者:(社)電気通信協会
本体価格:505円
購入ボタン
特集 古河電気工業の R&D
次世代光ネットワークの構築に向けて
古河電工が次世代光ネットワークに構築に向けて取り組んでいる光技術の開発の一端を紹介する。

石原 廣司
FTTH 施工性向上を目的とした光線路物品
FTTH における施工性の向上を目的に開発された光ファイバ心線, 光ケーブル, 光コネクタの新製品について紹介する。

岩倉 大輔・塚本 昌義・大山 竜也・安冨 徹也・湯口 廉一


光ファイバ融着接続の技術動向
光ケーブルの敷設工事や光機器の製造に用いられてきた融着接続。 最近では FTTH 接続工事にも適した接続手段として注目されている。 それらの最新の技術動向を紹介する。

樋本 泰一
新しい光部品への取り組みと特徴
メトロ&アクセスシステム市場向けに開発を進めてきた新製品を, “アクティブデバイス” “パッシブデバイス” “サブシステム製品” の分野別に紹介する。

福島  徹・太田 寿彦・早川 弘一
通信と放送の融合を実現する光伝送装置群
映像というキーワードを軸に通信と放送の融合が始まっている。 本稿では市場/政策の動向を絡め, 伝送装置から見たアプリケーションについて説明する。

田中 基晴
一般記事
将棋と日本
家元制度と名人の権威
江戸期の将棋家元は, 毎年 11 月に江戸城の幕府高官の前で対局を披露していた。 その制度の始まりから全盛期, 幕府の崩壊まで家元たちが城内で何を考え, どんな活動をしていたのか, 残された文献をもとに解説する。

西條 耕一
ICTドットコーナー
IT の確かさ, 危うさ

様々な ICT (Information and Communication Technology) の話題を探っていく ICT ドットコーナー。 第三回目のテーマは 「IT の確かさ, 危うさ」 です。

足達 曠史
インフォメーション
省エネ法の改正について
協会だより
・業務部NEWS


・産業部会NEWS    


トレンド/NTT技術誌のお知らせ/テレフイラテリ−