年 月 電気通信協会の歩み
昭和50年
4月

◆東京電力株式会社から「地中送電線路図」関係業務を受託した。
12月 ◆小グループ用ポータブルティーチングマシンの制作販売
電電公社の協力により自学自習用スライド映写機を制作し、特にコンピュータ訓練に利用された。
昭和51年
3月

★「電気通信自主技術開発史(交換編)」の刊行
4月 ◆事業年度の改正(暦年制)
5月 ◆名誉会長制度実施、梶井剛氏が名誉会長に就任
昭和52年
4月

◆中国・東北及び北海道各支部の新設
◆国際電信電話株式会社より「国際電信電話株式会社25年史」を受託した。
◆梶井剛追悼事業委員会事務局の受託
故梶井剛氏の業績を偲んで追悼事業を行うこととなり、その事務局を受託した。
5月 ◆第1回国際電気通信株式会社記念賞の贈賞
萩原憲三氏と電気興業(株)から拠出金の寄託があり、同制度を制定し顕彰することとした。
昭和53年
3月

★「日本電信電話公社25年史」の刊行
電電公社創業25周年にあたり記念事業の一環として受託し、出版完了した。
電電公社から訓練教材としてのVTRの制作を受託した。
5月 ◆協会創立40周年
昭和54年
2月

◆電電公社御殿場経営研修所開設に伴い、施設の管理運営受託
★「国際電信電話株式会社25年史」刊行
10月 ★「東京電信電話料金局25年史」刊行
昭和55年
2月

◆米澤滋氏会長に就任
12月 ★「やさしいINS技術シリーズ」刊行
昭和56年
2月

◆「第1回「電気通信」荒川賞贈賞
故荒川大太郎氏のご遺族荒川徳子様より故人のご遺志として、当協会にご寄付があったのでそれを基金に同賞を設け、「電気通信」の優れた内容を有する執筆者に贈賞することになった。
昭和57年
3月

★電電公社機関誌「世界のテレコムニュース」創刊(月2回発行)
昭和58年
4月

◆「通信教育7講座」開設

↑ TOP