年 月 電気通信協会の歩み
昭和12年
6月

◆電気通信協会の設立準備
電信電話学会(会長・八木秀次)の電気通信機器国産化調査委員会(会長・梶井剛)により、電気通信に関する事業の振興に寄与することを目的に電気通信協会の設立を建言
昭和13年
5月

◆創立総会開催(東京・丸の内工業倶楽部)
初代会長中山龍次氏就任
総会で決議された事業目的は下記のとおりで創立時の大きな目的と意図がうかがわれる。
1. 電気通信事業の振興に関する調査
2. 通信機器及び材料の海外進展の助長
3. 電気通信に関する発明の奨励
4. 電気通信に関する特許の助成
5. 電気通信に関する知識の普及
6. 関係文献の出版及び会誌の発行
7. その他本会の目的を達成するため必要と認める事業
(事務所・東京市麹町区有楽町1の3 電気倶楽部内に開設した)
6月 ◆当時の情勢からみて電気通信産業の振興は日本の国策として重要な課題であり、事業活動もこの方向に進められ、下記のとおりの委員会が逐次設けられた。
輸出委員会、通信機器国産化委員会、全波受信機輸出調査委員会、小型真空管型名附与委員会、特許委員会、許助成委員会
10月 ◆社団法人電気通信協会の設立、商工大臣より許可
11月 ★機関誌「電気通信」創刊号発行
戦時中から戦後の復興期にかけて、当時類似の機関誌が少なく内外の電気通信事情に関する情報誌として大きな役割を果たしてきた。
昭和14年
2月

◆泰国憲法記念大博覧会開催に出展
昭和14年12月8日にバンコック市で開催された。これは電気通信関係の機器材料を協会の技術委員会の名において出品し、展示説明と市場調査を行ったが、昭和16年は第2次大戦が勃発のため、昭和14年と昭和15年に行ったのみで、同委員会は昭和18年2月26日に解散した。
12月 ◆特許プール業務規程
機材、海外進出に寄与するため特許プールを設け、協会事業とし、昭和14年5月から開始していたが、昭和14年12月、その信託調査委員会は任務を終り廃止した。なお昭和23年7月29日事業団体法の公布施行に伴い、特許プール業務は廃止した。
昭和15年
3月

◆紀元二千六百年記念「輝く技術博覧会」上野不忍池畔にて(約1カ月間)開催に協力した。
松下無線(株)、七欧無線(株)、山中電機(株)三田無線電話研究所各社試作に係る全波受信機を出品し、協会が協力した。
4月 ◆逓信大臣より電気通信機器改良調査に関し、年度補助金(5,000円)下付され、以後終戦時まで続けられた。
5月 ◆放送技術の発展と聴取者の急増に伴い、多種多様な真空管が氾濫した実情があり、昭和14年商工省において型名規格臨時標準規格を制定した。協会は実施機関として商工大臣に申請、昭和15年5月1日認可された。
10月 ◆東京日本橋・三越において電信70年、電話50年、放送15年記念展覧会の開催があり、これに協力した。
昭和16年
12月

★「戦争と電気通信」中山龍次著刊行
昭和17年
12月

◆第1回電気通信協会技能表彰規程の制定
昭和17年12月8日大詔奉戴日に表彰したが、第2回以降は戦時中につき挙式は廃止し、伝達のみにとどめた。
◆各事業の創業の地に下記の記念碑を関係団体と協会が協力して建立した。
電信創業の地―東京・横浜伝信局跡
電話創業の地―東京・横浜電話交換局跡
無線電信創業の地―銚子無線電信局跡
放送創業の地―東京放送局仮放送所跡
昭和18年
9月

◆国防と電気通信展覧会・講演会
少年通信兵募集の目的で、兵器工業会通信機部会と共同主催により、全国21都市で展覧会・講演会を開催した。
昭和19年
9月

◆戦う電気通信展覧会
少年通信兵募集の目的で全国26都市に兵器工業会通信機部会と協会の共同主催で開催した。

↑ TOP